Sewing Body Shop : Display Shop  Interior Shop

Home
■前身頃トワルBLの前中心との
交点をボディに合わせ、トワル表面
に直角にピンを打つ。上に向かって
2〜3本ピンを打ち、前NPはVピン
で固定。
■ボディのBPはBLとPLの交点あ
るがそれより1cm外にピンを打ち原
型上のBPとする。
■BLから下はピンを打ちません。
■ネックのトワルを前側から順次
NPに向けて縫代を1cm残し、NL
まで切込みを入れながら添わせて
NPをピンで固定。
■肩線がアームプレートと接する
SPをピンで固定。そこから3cm位
前肩のプレート際にもピンを打って
おく。
■前肩に打ったピンとを結ぶ線上
のトワルを軽くつまんで、面の角と
して直線的な折り目をつける。
■前肩縫代を2cm位残して余分は
裁ち落とす。
■袖ぐりはSP同様プレートの内側
。その形状を途中までなぞり、釜底
はプレート下2cmでそれに縫代1
cm残してカット。面の角を潰さぬ
よう、少しずつ裁ち落とす。
■腕、または腕まんを途中で必ず
付けて縫代のあたり具合を見る。
外した後に袖ぐりのゆとりが変わら
ないように脇BLかその上をピンで
固定する。
■トワル脇のBLを外折にして、
脇裾に落ちたダーツ分を引き上
げ、ボディBLにトワルBLを合わ
せて閉じる。
■BPから垂直な折り目を裾まで
つまんで付け、面の角を作る。
■BLから下に垂直に降らしたトワ
ル前中心からずれていないか
確認する。
■後身頃トワルBLの後中心との
交点をボディに合わせてトワル表
面に直角にピンを打つ。BL位置よ
り上のほうが張り出している為、BL
のトワルはボディ面から浮かす。
上に向かって2〜3ピンを打ち後NP
はVピンで固定。
■肩甲骨の一番張った位置で横地
の目を水平にして背巾線までピン
で固定する。
■前身頃のトワルは予め肩線から5
cm程下をVピンでとめて前に倒して
おく。
■後衿ぐり前同様切込みを入れな
がら1cmの縫代を残して裁ち落とし
NPにピンを打つ。
■後プレート角で垂直な面の角を
作り、BLが水平に前脇とつながる
様、仮のピンを打つ。
■後ネックから肩甲骨部分のPLま
でボディに添わせて、PLの肩ダー
ツ位置にピンを並べて打つ。この時
、後肩先に浮いた余りが肩ダーツ分
になる
■袖ぐり部分のトワルは,この時点
でおおまかに裁ち落とす。
■後肩線でダーツ量を確認後、PL
ダーツ位置に脇高で肩ダーツを閉
じる。
■後肩線の縫代を2cm位残して打
ち落とす。
■前身頃肩のトワルを元に戻し、
後身頃をかぶせてボディ肩線に合
わせて後高に肩を閉じる。
■前後脇の水平なBLを合わせ、
AH底とボディ脇線との交点から、
垂直に脇線を後高に閉じる。
■後袖ぐりを決め、縫代1cmを残
して裁ち揃える。
■ストレートスローパー(完成側面)

注)ボディラインとポイント
NP=ネックポイント
SP=ショルダーポイント
NL=ネックライン
CFL=前中央線
BP=バストポイント
SL=脇線
BL=バストライン
WL=ウエストライン
HL=ヒップライン
PL=プリンセスライン



【ドレーピング後の手順】
  1. マーキングして外す。
  2. 線にする。線の長さや繋がりを正しく整える。肩ダーツは分量を変えずに2本の線をシンメトリーに直す。ウェストラインは前中心のウェスト位置を取り、BLに平行な線。この線がストレートスローパー本来の裾線となる。
  3. 縫代はNLとAHに1cm、肩線は1.5cm、その他はカットせずタイトスローパー組立ての為に残しておく。
  4. トレーシングペーパーに写す。前もってペーパーの方に中心線と直角なBLを書き入れて置き、トワルの上にペーパーを重ねて正確に写す。
  5. 再組立てし、着付けて確認する。
  6. 修正が無ければトレースしたパターンを整えて仕上げる。
■ストレートスローパー(完成背面)
■ストレートスローパー(完成正面)
<<<<戻る ボディ・トルソを買う タイトスローパーの作り方>>>>